本文へスキップ

スタッフのお仕事や日常をチラ見せします

株式会社ジーシーシースタッフ

スタッフのお仕事や日常をチラ見せします。

講師の仕事をしているスタッフの日常ブログです。
私たちの仕事ぶりや、今取り組んでいることなどを、チラッとお見せします。
ゆるーい気持ちでお付き合いください。


2019年11月12日宿題

折り紙

皆さん、こんにちは。講師SKです。
脳若トレーニングには【まいにち脳若】という宿題が出ます。
次のトレーニングまでに、日記やドリルトレーニングなどを行い、頭を働かせることを習慣づけるものなのですが、その課題に【折り紙を折る】というのがあります。
その課題のために受講者さんが、コマを折ってきてくれました。
普段、千羽鶴の「鶴」しか折ったことのない私は、この折り紙で出来たコマを見てビックリ。なんとスゴイ!
同じ大きさの折り紙3枚で出来ています。差し込むだけで出来た1〜2mmしかない凸なのにクルクルとよく回る、安全で、1歳児でも簡単に回して遊べるコマなんです。
もう一方の「鶴」も尻尾をひっぱると、パタパタと羽根が動く折り方でした。
器用な人がいるものです。折り紙は手先を使い脳の活性化にもなりますし、子供たちとコミュニケーションも取れますし、作品としても残り、達成感も得られます。皆さん、たまには折り紙を折ってみませんか!


2019年10月29日日経認知症シンポジウム

認知症シンポ

皆さん、こんにちは。講師YKです。
10月28日に日経ホールで開催された、【日経認知症シンポジウム「認知症基本法案」成立に向けて、共生社会の目指す姿】に参加してきました。
産官学に民が加わり、4本の基調講演と3つのパネルディスカッション、最後のクロージングセッションで法案に対する提言を導き出すシンポジウムでした。
科学的に肉体の限界である120歳まで生きられる時代が来ようとしている。そんな時代が来ているのに、高齢者=65歳以上という考えのままでいいのか?80歳になっても、100歳になっても、今が一番楽しいと思える時代を作ろうじゃないか!・・・そんな言葉に、ドキドキ・ワクワクしました。
法案の中心である【共存と予防】に向けて私たちに何ができるのか、先に認知症になられた方の意見も取り入れながら、やりたいことを制限せず、地域と連携して支えていくことを再確認しました。


2019年10月25日パソコン教室

教室

皆さん、こんにちは。講師Hです。
ジーシーシースタッフでは、個人向けのパソコン教室も開催しています。
今日はシニア向けクラスがありました。
教室がオープンしたばかりの時は、皆さん一緒に、Word・Excel・インターネット・メール・・・と集合講座のように進めてきましたが、16年目ともなると、それぞれがやりたいことを自主的に行って、不明点があったら質問するというスタイルに変わってきました。
最近ではパソコンのほかにも、スマートフォンを使いこなされていて、教室の連絡はすべてLINEグループでやり取りをしていますし、話題のスマホ決済にも興味を持たれています。
きっと、いろんなことに興味を持つのが、皆さんの若さの秘訣なのかもしれません。


2019年10月21日福祉まつり

福祉まつり

皆さん、こんにちは。講師YKです。
秋になると自治体様から、健康福祉まつりへの出展をご依頼いただくことが多々あります。
昨日は県内F市で開催された健康福祉まつりに、提携している群馬医療福祉大学の学生さんと、【脳若チャレンジ-脳の元気度測定】を実施してきました。
短い時間でしたが100名近い来場者にご体験いただきました。
学生の皆さんも、来場者とコミュニケーションを取りながら、楽しく進めてくださいました。
看護師・保健師のたまごたちに刺激を受けた1日となりました。


2019年9月25日脳若アカデミー

事前学習用教材

皆さん、こんにちは。講師Hです。
私たちの仕事の1つに認知症予防【脳若トレーニング】というのがありまして、高齢者様と脳の若返りトレーニングをするほか、講師を育成する仕事を請け負っています。
昨日は隣県で講師育成【脳若アカデミー】を行いました。
この研修を受ける方は、事前にテキスト学習・動画視聴・理解度テストを受け、準備ができたら、研修当日に、脳若トレーニングの概要・ロールプレイング・資料の使い方・全国のコミュニケータ(講師)との情報交換方法を学びます。
さらにこの研修を受けたあと、動画による認定試験を受けて、ようやく脳若コミュニケータとして活動することができます。
全国どこの脳若ステーション(教室)で受講しても、同じように楽しく脳を若返らせることができることを目標に、今日も日本のどこかで講師育成をしています。


2019年9月5日カラーコード

カラーコード

皆さん、こんにちは。講師SKです。
突然ですが、皆さんは【カラーコード】ってご存知ですか?
電機製造に使われる平たいケーブルがあるのですが、1本ずつの線が細いため、文字や記号が書けません。そこで、色を使って番号を表すのが、カラーコードです。
通常は、写真のように1番の茶色から10番の黒までで表されています。
(約2倍の大きさに拡大しています。)
今年度、講座で使用している『まいにち脳若Vol.2』の宿題に、ぬりえの内容があります。
多くの方が好きな色や、テーマを決めて塗ってきてくださるのですが、ある会場に参加していた男性が、何色で塗るか迷った末、お仕事現役時代に使用していたケーブルを思い出し、このカラーコードで塗ってきてくださいました。
とてもきれいに塗られていたので、写真を撮らせて頂こうと持ったのですが、「恥ずかしいから・・・」と取らせていただけませんでした。
うーん、残念。


2019年8月30日天才現る!

皆さん、こんにちは。講師YKです。
7月22日からの夏休み期間中、ほぼ毎日【こども向けプログラミング教室】を実施していました。
内容は、低学年はビジュアルプログラミングViscuit(ビスケット)、高学年はiOSアプリPlaygraundsです。
どの子も楽しみながらプログラミングを学ぶことができたようで、もっとやりたーい!という声がたくさん聞こえました。
そんな中でも特に印象に残ったのが、飛ぶカブトムシを作ってくれた男の子。
講師は基礎を伝えているだけで、お手伝いはしていません。

皆さんにも、こんな発想できるでしょうか?
子どもの力は無限大だと感じた出来事でした。


2019年8月23日スペシャルゲスト

夕食

皆さん、こんにちは。講師Hです。
8月21・22日と、福岡県からお客様がいらっしゃっていました。
【脳若トレーニング】の生みの親、株式会社サムライトの光岡眞里社長です。
2日間にわたり県内の自治体様を訪問しました。
担当の職員様とは、現在実施している効果測定付きトレーニングや、介護予防サポーター育成のこと、群馬県以外の自治体様がどのような取り組みをしているかなどの情報交換をさせていただきました。
夜はプチ女子会と称して、お食事へ。
テーブルの上が、華やかでヘルシーでした。
私は・・・唐揚げが食べたかったなぁ(笑)


サイトマップ

ナビゲーション